• UNiSON

トークイベント&にじいろマルシェ

3/14 にじいろマルシェ&トークイベント

春めいた陽気の中、沢山の親子、関係者の方々にお越しいただきました

今回のイベントは山海留学で徳之島に来ていたAさん親子がこの春から地元に帰られるという事で、是非Aさんの子育てについてお話をして欲しい!とお願いし、にじいろでは初めて保護者の方にその想いを語ってもらう機会が実現しました

幼少期、ヒモで繋いでいないと危険を避けられないほどの息子に対して周囲から受けた偏見の目。 療育でひたすらじっとする練習、チック症状が酷く薬物療法を始めても新たな症状に戸惑う日々、ゲーム依存、身の危険を感じるほどの衝動性、そんな中悪化する親子・夫婦関係。 自分らしさを失くしていった息子。

このままじゃダメだ!と一念発起してやってきた徳之島で出会ったよき相談相手、食事療法を中心とした生活の変化、海や山、そして自然体で生きる島の人たちに癒されていく母と息子のノンフィクション。

最後に、 「不安や不満を吐くばかりでなく、いいイメージを持つこと。そうすれば必ず叶う。」 と話されたAさんの姿は、出会った当初は肩に沢山載っていた荷物が降ろされ、力強く、前を向いていらっしゃいました。

3月。 引越しや異動で島を離れることになり、キノコにじいろクラブを卒業していく親子も少なくありません。 キノコにじいろクラブは子どもを中心とした周囲の人たちがその先の人生をその人らしく輝かせるため、お互いを知り、誰がどんな役を担うのか、自らの可能性を自分たちで見出せる場所であって欲しいと願っています。

卒業は新たなスタートであり、通過点です。

それぞれみんなが素敵なカラーを輝かせて、 それぞれの味わい深いストーリーを紡いでいく。 皆さんの人生ドラマに大きな希望と期待を抱いています




9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2周年